• トップ /
  • 投資対象としての金の特徴

金の投資の特徴とは

スマートなビジネスマンの味方

投資対象としての金の特徴の情報

金は現物資産としての価値認識が世界的に広く共有されている為、現物でありながら不動産のような側面を持っていて投資対象としては通貨インフレに強いという特徴があります。更に嘗ては通貨の裏付けになっていたという特性から、不動産のような流動性リスクが少ないという特徴を併せ持っています。現在ではその殆どが先物で取引されており、権利化されている事で少額での購入が可能となっています。特に積立方式の投資商品においてその傾向は強く、少額から比較的ローリスクで運用する対象として金が活用される例は増加していると言えます。

↑PAGE TOP